みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操


みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操
「筋肉を無理に使わず、骨をたたむ」という日本古来の所作や古武術に由来した動きを習得することにより、疲れにくく感覚に優れた身体を作り上げるナンバ術。これをヴァイオリン演奏に応用し、演奏者にとっての万人の悩みである身体の痛みを解消します。またこの「骨から動かす」ことにより、楽器の鳴りがよくなったり、苦手なテクニックも克服できるので、長時間弾き続けられるようになるばかりでなく、演奏自体の質も上がる効果が実証されているようです。
演奏をするとき、体は不自然にねじれて痛くなることがあります。この本の中の体操は大きく図が乗っていてわかりやすく、体操の種類もそう多くはないので早く習慣にできそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*