いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

ラーセンヴィルトゥオーゾ

●「Virtuoso」は、テンションが高くなる程、音量が大きくなるという従来の弦の考え方を改めるべく開発された弦です。
●ミディアムテンションとストロングテンションの2種類がありますが、従来のよく知られているミディアムテンション・ストロングテンションからは若干低く作られております。
●音量の大きさ・豊かさを保ちながら、繊細な音色を損なうことなく作られている理想的な弦です。
●ボーイングのし易さとレスポンスの良さが際立った弦です。
●ミディアムセットから試していただくことをお薦めいたしますが、更に輝かしく、力強い音量をお求めの方は、ストロングセット、またはミディアムとストロングのコンビネーションをお求めください。
●バイオリン 4/4サイズ セット弦
E線:スチール(ボールorループをお選びいただけます)/A線:シンセティックコア/アルミ巻/D線:シンセティックコア/シルバー巻/G線:シンセティックコア/シルバー巻
1Eはループエンド(輪っかになっている)とボールエンド(玉がついており、そこで引っ掛ける)の2種類があるので、お手持ちの楽器のテールピースをご確認ください。

管理人レビュー
まだ使ったことがありません。そろそろオブリガートが取替え時になってきたので、コストパフォーマンスのよさそうなものを探していました。オブリガートよりは安価かな?ラーセンの新商品です。
【2014.6.14追記】
弦の色はみんな一緒なので間違えないように・・・。ペグ側はアイボリー、テールピース側は山吹色に細い黒の縞です。
オブリガートよりはテンションが低いので抑えやすいです。音色は柔らかな、優しげな感じです。シノクサよりはパワーがあるけれど張りたてのオブリガートに比べると弱いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter