レッスン250回目

右手の小指、甲全体に力が入っている。だから弓がぐらぐらする。上から重さを乗せる。

音階

ト短調。2音目のラが高い。
右手の小指が機能していなくてぐらぐらしている。上から圧をかけること。
テンポは右手で作る。右手で急ぎ過ぎてスピードが違ってくる。急がないこと。

カイザー

右手首が動いていなくて、腕で弾いている。だから腕が痛くなる。
半音や臨時調号がついているところの音程が曖昧になる。指をつけるところをしっかりくっつける。

エックレスのソナタ。
3楽章。1音目は弓が速すぎるので、弓中から始める。音が短いので、休符の分の拍も数えてから弾きはじめること。
ポジション移動でそんなに飛ばなくてもいいところが飛びすぎる。指を傾けたり少しずらすだけでよい。飛ぶ所は親指も一緒に移動して、指だけ動かしても移動しきれない。
4楽章。拍分のばすこと。
2楽章。指をつけるところをしっかりくっつける。
1楽章。アウスタクトから次の音に移るときに音が切れないように。3楽章も同じだが、休符を無視して弓を離さずにつなげて弾く、無心で10回繰り返す練習をする。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*