いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン162回目

今年最後のレッスンは午後から。駅前は風が強かった・・・。すっかり歳末の雰囲気を醸し出しています。

音階
イ短調。最初に4つや8つスラーで和音をイメージしてから2つスラーで丁寧に弾いていく。頭の中で大声で歌うように音をイメージすると、右手がスムーズに動く。
次回からは5ポジまでの運指で練習。


ビバルディ。曲想がよく出ている。最後の細かいところは少し力を抜いて全体を見渡すような広いイメージで。そうすると曲の一部として聞こえる。
合格合格マーク うれしい顔
次回は3楽章と、その次の無窮動1カッコまで。

ビバルディ1楽章は本当に苦戦したー。
右手の使い方が試行錯誤なので、手首を使ったボウイング、音色を追求していくのを来年の課題にしたいな。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter