いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

アッコーライのバイオリン協奏曲

ふとネットで見かけた曲。アッコーライのバイオリン協奏曲です。

これくらい弾けるといいですねぇ。

難易度は中の上くらい、篠崎のバイオリン教本4に楽譜が載っています。
鈴木の教本だと8巻くらいのレベルだと聞きます。
じゃあ、私が弾けるまであと4年じゃない?
4年で弾けるかもわかんないし。
重音バリバリ、変なスラーのつき方、リズム感、どれも難易度は高ーいのですが、楽譜を買ってしまいました。


篠崎バイオリン教本(4) 改訂版
  1. ベートーベン:ガヴォット
  2. エックレス:ヴァイオリン・ソナタ ト短調
  3. モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525 第1楽章「アレグロ」
  4. ダンクラ:六つのエア・バリエ 第1番(パチーニの主題による)
  5. ブラームス:ハンガリア舞曲 第5番
  6. ヘンデル:楽しき人生(変奏曲)
  7. ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 ト短調 Op.12-1より抜粋
  8. モーツァルト:ディヴェルティメント 第17番 K.334/320b「メヌエット」
  9. シューベルト:子守歌(美し夢/シューベルトの子守歌)
  10. ベリオ:エア・バリエ
  11. アッコーライ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調
  12. コレッリ:ヴァイオリン・ソナタ 第12番 ニ短調 Op.5-12(ラ・フォリア)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter