いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

クロネコ ライト

クロネコの愛称で親しまれている、フランス・ミラン社の定番松脂。 付けやすく、べたつき過ぎない、使い勝手の良い松脂です。
クロネコのダークとライトの違いは一般的には、ダーク:チェロ~バス向け 色が濃く、柔らかめで粘りがあるので乾燥する冬場向け。
バイオリンでも常時ダークを使用される場合も多いです。
一般的には、クロネコと言えばダークを指すので、初めての場合や迷った場合はダークを。
ライト:バイオリン~ビオラ向け 色が薄くて、硬く、サラサラ。 湿っぽい時期はライトという使い方もできます。
使ってみた感想・・・オブリガートと比べると若干弓毛への付きがいいように思います。けれど冬場のせいか、やはり弾いていると表板が白くなってしまいます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter